セメント部門

屋部工場全景

屋部工場全景

インフラ整備と環境安全

最新鋭の設備と技術。
誇り高き地場産業

当社は創業以来、保有する鉱山から産出される石灰石を主原料として粘土、珪石、鉄さい、石膏など、そのほとんどを県内で調達できる沖縄で数少ない地場産業として、ダム、港湾、空港、橋、道路など、県内のあらゆる社会基盤づくりに携わってきました。
また、インフラのみならず、沖縄は台風の多い気候風土であることから、ほとんどの住宅が堅牢な鉄筋コンクリート造りということもあり、セメントは人々の暮らしに深く根付いています。
今後もお客様が求める幅広いニーズに応えるために、セメント・コンクリートに関する技術情報を蓄積し、徹底した品質管理でより優れた製品をお届けします。

環境への負荷低減、自然との調和を目指す

セメント製造に欠かせないNSPキルンの高温焼成能力が、ほとんどの廃棄物を無害化しリサイクルを可能とすることから、循環型社会実現に大きな役割を果たすとして注目を集めているセメント産業。
当社でもゼロエミッションを掲げてNSPキルンを活用した廃棄物の再資源化に取り組み、着実な成果を上げています。

cement3

集中制御室

最新のコンピューター制御システムを導入。

cement4

成分管理

成分分析や強度試験などを行い、製品の品質安定・向上に努めています。

cement5

NSPキルン

エネルギーコストの低減、窒素化合物規制への適合、クリンカの増産など、さまざまなメリットを生みだしているNSP方式キルン。