先輩からのメッセージ

就職は新たなスタートです。

入社年次/平成21年 所属部署/総務部 管理課

◆私が琉球セメントを選んだ理由

僕はほとんど直感でした。合同企業説明会や、本社で行われる会社説明会などにて社員の方々と話をさせていただく中で、皆の人柄の良さや、社員同士の仲の良さを目の当たりにし、他の会社では感じなかった雰囲気の良さを感じたことがキッカケです。また、資格取得や各種セミナー受講等、研修制度が充実している点や、地域に根ざし、様々な面で地域貢献を行っている所にも大きな魅力を感じ、琉球セメントで働く事を決断しました。

◆就職活動を振り返って

就活は、辛く厳しいイメージがあると思いますが、実際はそのような事ばがりではなく、楽しい事も色々あったように感じます。何より、多くの企業の話しを聞けた事は、とても貴重な経験になっていると思います。各種企業説明会には積極的に参加し、色々なジャンルの企業の方と話をしてみてください。勉強になる事はもちろん、今まで気づかなかった新しい発見などもあり、就職の幅も大きく広がっていく事と思います。様々な職種・企業の話を聞けるのは、就活中にしかできないとても貴重な事です。ぜひこの機会に、多くの企業の話を聞いて、自分自身の成長へと繋げていってください。

新しい道は拓けるもの!

入社年次/平成12年 所属部署/営業部 北部販売課

◆私が琉球セメントを選んだ理由

沖縄県内の数ある企業の中から何故”琉球セメント”なのか!?私が琉球セメントを知ったのは、ちょうど就職活動期間中に脚を運んだ、名護市の”やんばる産業まつり”や”さくらまつり”でした。やんばる産業まつりでは、シークヮーサーやパイナップルなど、沖縄ならではの素材を利用した果実酢や、琉球王朝時代の珍味である豆腐ようの販売をしていました。名護市のさくら祭りパレードでは、ひときは目を引く団体があったのですが、それが琉球セメントの社員でした。歌や踊りなどのユニークなパフォーマンスには圧倒されました。そんな中で、沖縄の発展に貢献し、地域の人と共に歩む琉球セメントで私も一緒に豊かな郷土づくりに関わっていけたら…、と思ったのがきっかけです。

◆就職活動を振り返って

就職活動と言っても、何からどうしたほうがいいのか分からず、途方にくれていました。私は、システム設計やプログラミングの学科を選考していたので、就職先も自ずとシステム開発の企業ばかりを探しては受験・面接をしていました。2社の企業訪問をしましたが、残念な結果となりました。やる気があるわけでもなく、ただ就職さえすればいいという気持ちで受験をしていたのが、相手側にも伝わってしまったのだと思います。これではいけないと、自分を信じて働きたい!と思った会社に足を運びました。結果、選考していた学科とは全く別の職種の企業に就職が決定したのですが、別の分野で、自身の成長につなげてみようという気持ちでいっぱいでした。人間、諦めてしまったらそこで終わりです。今ある壁を乗り越えてこそ、新しい道は拓けるものだと私は信じています。過去の挫折をバネにして、今、わたしも頑張っています。就職活動中のみなさんも諦めずに前進あるのみ!です。

沖縄の発展のために貢献したい!

入社年次/平成18年 所属部署/営業部 技術センター

◆私が琉球セメントを選んだ理由

私は、県外で学生生活を送っていたことから、より沖縄に対する思いを強くし、卒業後は郷土のために頑張っていきたいと思いました。また、学生時代に工業化学を専攻し、学んだ事を活かせる職業に就きたいと考えながら就職活動をしていた時、「郷土の資源で郷土をつくる」の理念のもと沖縄に多大な貢献をしている琉球セメントに興味を持ちました。そして、そこで自分自身も成長していきながら、郷土沖縄の発展のために貢献していきたいと思い志望しました。

◆就職活動を振り返って

私にとって、就職活動は自分を改めて見つめ直す機会でもありました。自分の故郷沖縄のこと、自分自身のこと、就職の目的、希望などを自問自答しながら、等身大の自分の考えをまとめていきました。その活動は、大変だと思うと同時に楽しくもあり、自分自身が成長できたと実感しています。みなさんも楽しみながらチャレンジし、自分の夢をつかむために頑張ってください。幸運を祈っています!

研修制度